*** Facebookページのお知らせ ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-02-25 21.23.30.jpg

この度、南海の放浪カメラマン/フォトジャーナリスト道城征央(Masa Michishiro)のFacebookページを開設することになりました。FacebookページははFacebookのアカウントがなくても見ることができますので、ぜひともご覧ください。

●「南海の放浪カメラマン」Facebookページを見るにはココをクリックしてください。

【Facebookページになっても!】
■なおFacebookページには、撮影した写真の閲覧、コラムなど今まで通りのものをアップロードさせていきます。
■また講演、セミナーなどの情報なども載せております。

 

講演・セミナー・イベント依頼問合せ

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

[[ 埼玉動物海洋専門学校 特任講師任命 ]]

[ ■What's new ], [ 埼玉動物海洋専門学校HP ]

12108971_983292565066796_162730874943830234_n.png

私が4月から特任講師としてお世話になる専門学校です。
埼玉県では初めてとなる動物海洋系の専門学校になります。
動物園、水族館をはじめ、国立公園でのインタプリター、スキューバーダイビングインストラクターなどを目指す人たちが集まってきます。
私は同校で自然環境に関して、その保全の仕方関わり方を写真や動画をふんだんに使って講義する予定です。
もし周りで興味ある方がいらしたら、ぜひ入学をすすめてみてはいかがでしょうか?


 

取材レポート

[ ■What's new ]

取材した先々の記事になります。

太陽油脂株式会社取材
温暖化に異議を唱える渡辺正氏(東京理科大学)取材
「美ら海振興会」会長 松井さとしさん取材
環境保護の姿を見る/WWFジャパン取材
捕鯨問題を語る 森下丈二氏(国際水産資源研究所)
環境省「生物多様性戦略室」取材
鬼頭秀一環境倫理学教授(東京大学名誉教授)
月尾嘉男教授(東京大学名誉教授)
中越パルプ工業取材

 

志布志モデル視察レポート

[ ∟志布志モデル視察 ]

DSC_0231-1.jpg

鹿児島県の志布志市というところに行ってきました。
南洋、大洋州では水没する恐れのある国がたくさん存在します。有名な国としてはツヴァルがあげられますし、他にもマーシャル諸島共和国などなどあります。
水没の原因のひとつとして、温暖化による海面上昇と言われていますが、実際はそれひとつではありません。

続きを読む

 

不思議なチョコレートヒル

[ ■ セブ島放浪中 ]

DSC_1455.jpg

フィリピンセブ島近くにあるボホール島、そこではチョコレートヒルという不思議な光景を見ることができます。
聞くところによると昔は海の下にあったこの地形、夕方になると陽の光によってチョコレート色になるとかです。

公式Facebookページ

セブ島放浪中の過去の写真

 

プロペラの大きさに圧倒される「りおで志ゃねいろ丸」

[ ■ チューク(トラック)諸島 ]

DSC_6348.jpg

ミクロネシア連邦チューク諸島(旧トラック諸島)に地図無「りおで志ゃねいろ丸」という日本の船です。この船全体の大きさもさることながら、プロペラの大きさにも圧倒されます。

公式Facebookページ

チューク諸島の過去の写真

 

大洋州を救う志布志モデルを視察【2017/3/24】

[ ■日々の事 ]

DSC_0231.jpg

鹿児島県の志布志市に行って来ました。
南洋、大洋州には水没する国があると言われています。例えばツヴァルやマーシャル諸島共和国です。
水没の原因は地球温暖化による海面上昇だそうですが、実はそれだけではありません。島嶼国の都市化も原因のひとつであり、それによって生活排水、廃棄物が出てそれらが島(土地)を脆弱化させています。そのためちょっとした海面上昇や高波でも島(土地)が削られていくと言われています。
現在、日本のODAやJICAによって「大洋州地域廃棄物管理改善支援プロジェクト」(通称J-PRISM)という援助が行われています。これは「三つのR+RETURN」という理念のもと、志布志でおこなれているゴミの徹底分別と再利用の方法、通称「志布志モデル」を取り入れています。今回その志布志がどのようにゴミの徹底分別を行っているかを見てきました。これが南洋でも応用されているようですが、なかなか向こうでは上手くいってないようでもあります。詳細は来月の「エコ・自然塾」でお話ししていきます。
写真は志布志市のゴミの最終処分場(埋め立て地)であります。

 

日々やれることをやる。しかし行政の壁もある【2017/3/20】

[ ■日々の事 ]

DSC_8564.jpg
DSC_8608.jpg
DSC_8579.jpg

桜が満開になる前に「じゃぶじゃぶ@目黒川」が開催されました。これで満開の時はみなさん気持ち良く桜見物ができることでしょう。
しかし誰かが(恐らく川沿いに住む人とのこと)警察に通報して、終了後に警察官が自転車に乗って事情を聞きに来ました。
横浜市(大岡川)でもボランティア有志によって同じような活動(サップを使って)をしている方がいます。行政がきちっとバックアップしてくれて、川に入るために解錠しなければいけないカギも貸してくれるそうです。しかし私が住む目黒区は一切の許可をしてくれません。区議とかを使ってもまったく相手にしてくれません。こういう所に公務員の「余計な仕事したくない度」満開が垣間見えました。満開は桜だけでいい。

公式Facebookページ

 

サーフポイント混雑?

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_0001-2.jpg

ミクロネシア連邦ポンペイのサーフポイントです。
波が良いときだと、このようにたくさんのボートがやってきます。
サーフィンは自分のコンディションなどによって、好き好きに海に入れる自由度があっていいですね。
自分だったら、ちょっと入ってあとはボートの上で昼寝かも。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真