*** コンテンツのお知らせ ***

[ ■What's new ]

*** Facebookページのお知らせ ***


スクリーンショット 2017-02-25 21.23.30.jpg

この度、南海の放浪カメラマン/フォトジャーナリスト道城征央(Masa Michishiro)のFacebookページを開設することになりました。FacebookページははFacebookのアカウントがなくても見ることができますので、ぜひともご覧ください。

●「南海の放浪カメラマン」Facebookページを見るにはココをクリックしてください。

【Facebookページになっても!】
■なおFacebookページには、撮影した写真の閲覧、コラムなど今まで通りのものをアップロードさせていきます。
■また講演、セミナーなどの情報なども載せております。




*** アメブロもやってます。 ***


amebloheadder2.jpg

アメブロも初めております。
以下のURLからご覧下さい。裏話的な内容になります。
http://ameblo.jp/masahiromichishiro/





*** 写真(アルバム)の閲覧ページ ***


スクリーンショット 2017-08-15 12.54.41_edited-1.jpg

写真集は左のカテゴリからもご覧いただけますが、ココからですと、各地をまとめてみることができます。

 

*** 講演・セミナー・イベント依頼問合せ ***

[ 講演のお知らせ ]

PC142230_-1.jpg

カメラマン、フォトジャーナリストの道城征央(Masa Michishiro)は「人と自然との関わり方」をテーマに講演活動をしております。
2011年3月、未曾有の大災害に見舞われた日本、自然現象の怖さを思いの外知ったはずですが、それらを食い止める手立てというのはあるのでしょうか?最も大切なのは、私たちが自然に敬意を表することだと思います。そこで道城征央(Masa Michishiro)は自然環境に関しての講演、セミナー、ワークショップなどを活動をしております。

「講演・セミナー・イベント依頼問い合わせ」の続きを読む

 

*** eラーニングの販売開始 ***

[ ■What's new ]

スクリーンショット 2017-08-25 09.08.24.jpg

eラーニングの販売を初めております。講義しつつ、デジタル写真集的な素材であります。四つの講座があり、各々1,000円になります。

①「0.1%の海が我々の生命と生活を守る命綱」

→サンゴ・サンゴ礁の話。

②「ミクロネシア文化を探る」

③「自然界の恵みとその恩恵を感じよう」

→生態系・生物多様性

④「小笠原諸島からみる世界遺産登録への道」

購入は→→→ココから

 

[[ 埼玉動物海洋専門学校 特任講師任命 ]]

[ ■What's new ], [ 埼玉動物海洋専門学校HP ]

12108971_983292565066796_162730874943830234_n.png

私が4月から特任講師としてお世話になる専門学校です。
埼玉県では初めてとなる動物海洋系の専門学校になります。
動物園、水族館をはじめ、国立公園でのインタプリター、スキューバーダイビングインストラクターなどを目指す人たちが集まってきます。
私は同校で自然環境に関して、その保全の仕方関わり方を写真や動画をふんだんに使って講義する予定です。
もし周りで興味ある方がいらしたら、ぜひ入学をすすめてみてはいかがでしょうか?


 

取材レポート

[ ■What's new ]

取材した先々の記事になります。

太陽油脂株式会社取材
温暖化に異議を唱える渡辺正氏(東京理科大学)取材
「美ら海振興会」会長 松井さとしさん取材
環境保護の姿を見る/WWFジャパン取材
捕鯨問題を語る 森下丈二氏(国際水産資源研究所)
環境省「生物多様性戦略室」取材
鬼頭秀一環境倫理学教授(東京大学名誉教授)
月尾嘉男教授(東京大学名誉教授)
中越パルプ工業取材

 

エコ・自然塾「日本の持続可能な漁業/漁業の現状と今後」

[ エコ・自然塾のお知らせ ]

DSC_1135-1.jpg

3/3の「エコ・自然塾」は日本の水産資源や漁業に関してお話しいたします。
魚が2048年にはいなくなると言われているそうですが、手立てはないのでしょうか?その原因は何?養殖は最適な方法なのか?などなどになります。
もしろん私の写真をふんだんに使った進行になります。

海でのアクティビティが好きな方、そうでない方、どなたでも参加できます。
(一部の方にはFBから招待をお送りいたしますが、それを受けていない方でも参加できます)
■開催場所:中目黒区住区センター(目黒区中目黒二丁目10番13号中目黒スクエア内)

■最寄り駅:東急東横線・地下鉄日比谷線、中目黒駅より徒歩7分
【地図】http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/juku_center/nakameguro.html

■参加費:1、000円

■申込み:info@ordinaryworld.jpかFBメッセ

 

オスの方が綺麗

[ ■ 西表島 ]

DSC_0853.jpg

西表島で見たスミレナガハナダイという魚です。雌雄で模様が違うことで知られています。そしてメスよりオスの方が綺麗なことで知られています。

公式Facebookページ

西表島の過去の写真

 

琉球大学名誉教授 馬場先生をお迎えして【2018/1/22】

[ ■日々の事 ]

IMG_6069.jpg
IMG_6072.jpg
IMG_6075.jpg

今日の授業は私も学会員である日本マングローブ学会の会長で琉球大学名誉教授の馬場繁幸先生をお招きして、マングローブの話しを中心に色々としてもらいました。
西表島を含む沖縄・奄美の世界自然遺産登録に対して反対の意見も聞くことができました。無造作に観光客を送り込むだけで対策がまるで講じられていないという現状であります。
2枚目の本の写真は先生著の本で、とてもわかりやすい内容です。マングローブに関しての書籍を色々と探してますが、なかなかありません。3枚目の写真はマングローブで作ったボールペン(キリバス産)だそうで、生徒全員に配られました。

 

三春町で日本酒の仕込み体験【2018/1/22】

[ ■日々の事 ]

IMG_6061.jpg
DSCN0028.jpg
DSCN0054.jpg

これを「エコ・自然塾」ツアーでやりたいと思ってます。福島県の三春町に日本酒(佐藤酒造の「三春駒」)の仕込みを体験しに行ってきました。この体験イベント、日本酒の元になる米作り、稲刈りから始まります。なので数回のわたるイベントです(私は全てではなく途中参加)。この日本酒造り体験を「エコ・自然塾」の中で(ツアーとして)取りあげたいと思っております。乞うご期待を!
以前、蔵元見学でツアーはやりましたが、今度はゼロから自分たちの呑む酒を作るってことを考えています。
しかし!けっこう体力がないとできないと実感しました。「蒸気で熱い!腰いたい!蒸した米は思い!」です。
酒屋やスーパー行けばいとも簡単に手に入る日本酒、実は多くの苦労が入っていることも実感しました。一番上の写真は櫂入れという最も腰がいたくなる作業をやってる私です。

公式Facebookページ

 

都内のウメイロリバー

[ ■ 小笠原諸島 ]

_DSC6423-1.jpg

小笠原諸島母島での一枚。ウメイロモドキという魚、まるで川のように、迫ってくるように泳いでいます。都内でこれほどまでの魚が見られるなんていうのは非常に驚きです。

公式Facebookページ

小笠原諸島の過去の写真

 

フードロスを考える【2018/1/17】

[ ■日々の事 ]

DSCN0491.jpg

自分でもフードロスを考えるというのをやってて思う。
何年か前に野放しになっている鶏を捕まえて自分たちでさばいて食べるというセミナーに参加した。命がどこから食材に変わるのか?というのがテーマだった。個人的には変わっていく境界線はなかったと感じている。
普段我々は産業動物というものを食べている。飼育されている牛や鶏などだ。それと違って野生の鶏をさばいて食べてみると、実に硬い肉で普段食べているものと大きな違いがあり、産業動物と野生とは別物だと思った。
確かに命であるが、フードロスを考える場合「元は命だから残さずに」というのは昨今はたして通用すのか疑問に思った。

公式Facebookページ

 

マングローブの根

[ ■ 西表島 ]

DSC_1019.jpg

西表島はマングローブと呼ばれる植物の宝庫であります。水に、しかも海水にも強いことで知られています。また水に浸かってることによってバクテリアがおこなっている落ち葉の分解もその速度が遅いことから二酸化炭素の放出も少ないと言われています。写真はいくつかある根の種類、その中の膝根(しっこん)と呼ばれているものです。

公式Facebookページ

西表島の過去の写真

 

ポンペイの魚屋でも色々

[ ■ ポンペイ(ポナペ) ]

DSC_4260.jpg

ミクロネシア連邦のポンペイで。以前もアップしましたが、ここもポンペイの魚屋です。そのディスプレイの仕方も色々で、ここは小魚をきちんと整列させています。

公式Facebookページ

ポンペイの過去の写真

 

すべては人間中心【2018/1/14】

[ ■日々の事 ]

DSC_7525.jpg

綺麗でも何でもなく、素っ気もなく下手と言ってもいい写真なんでアルバムには入れまぜんでした。写真は石垣島です。
さて考えてみてください。ある自然豊かな島に突如として東京の開発業者が自然に手を入れてリゾートホテルを建設させると言うとする。なんもない島の雇用促進や経済発展にもつながると説明するが、反対派の多くは「そんなことしらた生態系は戻らないし、企業の金儲けばっかの人間中心で一番良くないところだ」と言うだろう。
自然を残して起きたい反対派にとってみれば「この豊かな島の自然は子供、孫と次世代にも残すべきだよ」と言うだろう。でも考えようによっては(開発してないとは言え)そう言う言い方をする反対派も人間中心の考え方だろう。「この自然は美しい」なんて言うけど、そう思っているのはアナタだけ、人間だけであって、自然そのものはそうと考えていない。台風君にせよ、地震君にせよ、容赦なくアナタが良いと思った自然を壊していく。三陸の自然は良いよと言っても自然は壊して風景を一変させていった。「そんな自然に君付けはよせ!」かもしれないが、それこそ人間中心主義ではないだろうか。でもイエローストーンでは自然発火の山火事はほったらかしと言う。以前多摩川に出没したゴマフアザラシのタマちゃんへの対応も思い出すね。
自然環境の問題は複雑ですといつも思いながら明日の授業の準備をするのであった。

公式Facebookページ

 

サンゴの海を浮遊

[ ■ コスラエ ]

DSC_4106.jpg

ミクロネシア連邦のコスラエでの一枚。島を取り囲むサンゴの海、そこを浮遊するように泳がなければなりません。今や貴重になっているサンゴが広がっているからです。着底でもして、一本ボキッなんていうことないように。

公式Facebookページ

コスラエの過去の写真