エコ・自然塾「青い海と白いビーチは本当か?南太平洋のゴミ問題を日本の地方自治体が救う」開催のご案内

shibushi_2のコピー.jpg

※オンライン参加可!
※マイクロプラスチックなどの問題を考え、実生活にいかす!
大洋州(オセアニア)の島嶼国は島という土地の特性上、慢性的なゴミ廃棄物問題に悩まされています。また戦後アメリカナイズされた生活様式へ変わっていったことで尚更拍車がかかりました。
元々ゴミという単語がなかったこの地域、今ではゴミが溢れている実情を解決すべく日本の地方自治体が起ち上がりました。
ゴミ廃棄物の再資源化率日本一を誇る鹿児島県志布志市が志布志でおこなっている取り組みと大洋州への導入例について志布志市役所の西川様をオンラインでお迎えしてお話していきます。
【開催日と時間】
1.9月26日(土)
2.15時〜17時
【進 行】
1.カメラマンMasa Michishiro(道城征央)による南太平洋のゲンジョウを写真で解説。
2.志布志モデルについて西川様(志布志市役所)から解説。
3.対話の時間
【場 所】
■神奈川県横浜市神奈川区金港町2-1パークタワー横濱ポートサイド2F RGBlue(株式会社エーオーアイ・ジャパン)社内スペース
→横浜駅きた東口Aから徒歩6分
【参加費】
1,000円/人
【オンライン】
■当日はRGBlue社内での開催ですが、Zoomによるオンライン参加も可能です。。
■参加希望の方は「オンライン」か「現地参加」かを申し込みの際、お伝えください。
【参加表明】
■参加希望の方はinfo@ordinaryworld.jpまでご連絡ください。後ほど確認のためこちらか連絡させてもらいます。
【その他】
※RGBlue社内までご足労いただける方は、各自で飲み物をご用意ください。ゴミ減量のためこちらからの用意はございません。
※またコロナの時期ですので予定が変わる場合もございます。ご了承ください。